×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

淡谷のり子を通販で調べました

TOPページ | 次のページ

昭和の大ヒット大全集(上)
価格: 3,800円 レビュー評価: レビュー数:
全曲集
価格: 1,800円 レビュー評価:5.0 レビュー数:2
数年前にNHK-FMで流れた「夜のプラットホーム」を聞きたくて、購入しました。
リアルタイムでは彼女の唄声を知りません世代の私です、このCDでじっくりききました。
昭和44年にステレオに録り直した物とか、時間があっと!いう間に過ぎてしまいました。
日本には手本になる歌手がいなかった時代にベッシースミスなどの外国の歌手から独学
で学んだと聞きます。
まさに日本歌謡を代表する、「永遠不滅の唄声」です。
一家に一枚の代物ですね。
和ジャズ・ベスト100
価格: 5,250円 レビュー評価: レビュー数:
二葉あき子/淡谷のり子/他 [Laser Disc]
価格: 5,355円 レビュー評価: レビュー数:
音多デジタル懐かしの歌声<2099> [Laser Disc]
価格: 16,800円 レビュー評価: レビュー数:
別れのブルース―淡谷のり子 歌うために生きた92年 (小学館文庫)
価格: 690円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
淡谷のり子のいろいろな言動は、率直で、時として、誤解を招くことがある。しかし、その言動は、かなり当たっている場合がある。この本を読んでいくうちに、生涯を通してその言動は形成されたものであると実感した。

この本を通して、淡谷のり子の歌いに対する情熱を読みとれる。そして、淡谷のり子の生き方に共感できた。やっぱり、淡谷のり子は歌に生きて、歌を大切にしたのだと思う。一度でいいから、淡谷のコンサートに行きたかった。

以前、淡谷のり子が歌った「恋人よ」(五輪真弓の曲)を聴いたことがある。もちろん好い曲であるが、淡谷が歌った「恋人よ」も好きだ。
信念を貫いた生き方について書かれたこの本は、時

淡谷のり子―わが放浪記 (人間の記録 (16))
価格: 1,890円 レビュー評価: レビュー数:
流行歌手 (下) (角川文庫 (6044))
価格: 398円 レビュー評価: レビュー数:
懐メロ珠玉集2 誰か故郷を想わざる
価格: 2,940円 レビュー評価: レビュー数:
服部良一生誕100周年記念企画 僕の音楽人生
価格: 4,800円 レビュー評価: レビュー数:
アリランの謎
価格: 3,150円 レビュー評価: レビュー数:
流行歌手 (上) (角川文庫 (6043))
価格: 398円 レビュー評価: レビュー数: