×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

淡谷のり子を通販で調べました

TOPページ | 前のページ | 次のページ

歌わない日はなかった (女の自叙伝)
価格: 1,365円 レビュー評価: レビュー数:
私のいいふりこき人生
価格: 1,050円 レビュー評価: レビュー数:
〈COLEZO!〉淡谷のり子 ベスト
価格: 2,000円 レビュー評価: レビュー数:
〈COLEZO!〉昭和の名歌手たち
価格: 2,000円 レビュー評価: レビュー数:
横浜うた物語
価格: 2,500円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
このCDには知ってるうた、知らないうたが入っており、大変興味ぶかく聞かせていただきました。横浜市民歴45年、横浜市歌を聴くと紅白の饅頭を思いだします。横浜市立校は6月2日の横浜開港記念日は休みで前日に紅白の饅頭が配られました。多分小学校だけだったと記憶していますが。このアルバムのラストの横浜市歌ブルースバージョン最高によかったです。これからも横浜市民としてがんばっていきたいと思います。
のり子が明かす おしゃれのヒ・ミ・ツ―99のヒント (産心ブックス)
価格: 795円 レビュー評価: レビュー数:
老いてこそ人生は花
価格: 1,223円 レビュー評価: レビュー数:
ブルースの女王淡谷のり子
価格: 1,529円 レビュー評価: レビュー数:
服部良一 1934-1954~未復刻傑作選集~
価格: 3,980円 レビュー評価: レビュー数:
懐かしの歌声名曲集 / 別れのブルース
価格: 1,835円 レビュー評価:4.5 レビュー数:2
 前半は、服部良一のブルースを主体とする国産歌謡の7曲、後半は訳詩によるシャンソンとタンゴの7曲で、いずれも淡谷のり子を代表する懐かしい名曲の、ステレオ録音によるアルバムである。どの曲も、”ブルースの女王”と言われたこの名歌手の美声と情感が満喫できる。
 ただ気になるのは、とくに冒頭の「別れのブルース」と「夜のブルース」で、低音域での音程の(下方への)ズレが感じられることだ。昔のSP盤では正常に歌われているので、これは録音時の年齢のせいかとも思われるが、淡谷ファンにとっては、これも一つの魅力になってしまうのかもしれない。
 後半では、「ポエマ」と「夜のタンゴ」の歌唱が
昭和国民的大ヒット(上)
価格: 2,400円 レビュー評価: レビュー数:
酒・うた・男―わが放浪の記 (1957年)
価格: 1,098円 レビュー評価: レビュー数: